京ごふく二十八

糊糸目

 

糊糸目について

これまで特筆していませんでしたが、高級京友禅を語るにあたって避けて通れないのが、糊糸目です。京ごふく二十八からすれば糊糸目の良さをきちんとお客様にお伝えして販売することこそ、高級呉服店の必要最低条件だと考えます。または、説明しないまでも、積極的に糊糸目の品物をオススメするべきなのです。ゴム糸目の商品は、手元においてもそのうち飽きてしまいます。それだけ染め味が物足りないのです。しかしながら糊糸目を使った京友禅は何十年眺めていてもその満足は深まるばかりとも言えるのです。

 

糊糸目とは:京友禅で柄を染め分けるための防染糊のこと。またその中でも糯米(モチゴメ)、糠(ヌカ)、石灰、蘇芳(スオウ)を主な成分としたものを言います。

防染糊で、同様の役割を果たす類似のものとしては、ゴム糸目、型糸目など。

 

蘇芳が入っていますので、写真のように赤い色をしています。

 

糊糸目によって生産された京友禅は全体のわずか0.2%

京友禅協同組合連合会調べの生産量(43万反/平成25年度)を分母に、京ごふく二十八が糊置き職人へ行った聞き取り調査から算出した900反を分子とした。組合所属で糊糸目をやっている職人が3名。一人あたりの糊置き年間可能限界が300反程度なので、全員で900反が最大限と考えられる。900÷43万=0.21%であるが、実際はこれよりも少ない生産量であろうと推察される。糊糸目をやっていて組合に所属しない職人ももちろん存在するが、その場合に分母となる組合外の生産量が不明である。また京都府の生産量調査でも、上記京友禅協同組合連合会の43万反が採用されていたので、この数字を基準とする。パーセンテージを出す上において支障は少ないものと考える。

職人が糊置きに要する期間 訪問着:2〜3日、付け下げ:1日、染帯:半日

 

手描きの中ではゴム糊が最大の勢力ですが、糊糸目はこのゴム糊置きに比べると作業工程において3倍の時間が掛かります。その理由は、写真のような小筒という生クリームの絞り器のような物を使うのですが、糊糸目の方がゴムに比べて粘度が高い、つまり固いからです。イメージで言えば普通のジュースをストローで飲むのと、マクドナルドの出来立てでまだ固いシェイクをストローで飲む感じといえば伝わりますでしょうか。絞り出すには親指でかなりの力を加える必要があり、多くの職人は敬遠してゴム糸目に流れて行きました。

それに加えて糊そのものを作る手間が大変なものですので、実際は5倍ぐらいの時間が掛かっていると言えるでしょう。

 

糊は好みがあるため、職人さんが手作りしています。写真左が糊糸目、右はマツ糊などと呼ばれる、また違った種類の糊です。亜鉛抹を入れ、石灰を入れません。説明は改めます。

 

ところが、この糊糸目とゴム糸目の違いについて、それだけの評価の違いが一般の方に得られているかといえばもちろんそんなことはありません。呉服屋でも私の周囲では知らない人達ばかりでした。しかしながら現場で作っている職人さん、中でも金彩と刺繍の職人さんは口を揃えて絶対に糊糸目の品物が良いと断言します。また職人さん達をコーディネートする悉皆屋(メーカー)の人間も同様に糊糸目の付加価値をよく知る人たちです。この職種の人たちはいつも完成品に近い状態を常々眺めているからです。

 

なぜこうした職種の人達が、それだけ価値の差を断言するかというと、実際染め上がった雰囲気が糊糸目とゴム糸目の商品において大きく異なるからです。その証拠にこれだけ職人さん達の手元に仕事がないと言われる現状においても(とりわけ2016年は、職人皆さんが仕事が全然ないと口を揃える中にあって)、糊糸目の職人さんだけは仕事が途切れることなく詰まっているのです。

 

糊糸目とゴム糸目、さらには型糸目の仕上がりの違いについては、京ごふく二十八(ふたや)が分かりやすい見本を作らなければ、実際皆さんにご理解頂くことは難しいと思いますが、まずはブログなどにて今後少しずつこの差について触れて行きたいと思います。