single.php

お知らせNews

【青花紙】のご紹介

こんにちは。
日頃は、ブログをご覧いただき誠に有難うございます。
すっかり暖かくなり、緑の美しい季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、京都新聞に掲載されていました「青花紙、担い手育成」に関する記事を、ご紹介します。

まず青花紙(あおばながみ)についてご説明しますと、青花紙とは原料となるアオバナの色素を染みこませた和紙のことです。花の絞り汁から得られる青い液を美濃紙に塗り天日で乾かす、という工程を70〜80回繰り返します。そうすることで、青花紙は、実に元の紙の4倍もの重さになるそうです。

そして、この青花紙を水に溶かしてできる薄青色の絵の具が、友禅染めの下絵付けに用いられています。
青花紙から浸出した液で描いた線は、水で洗い流すことができるため、友禅染めの下絵を描くのに適しているのです。二十八がお願いしている下絵職人も、これを使用しております。

京都新聞では、生産元の現状と、この後継者育成に向けた取り組みが紹介されておりました。
(以下、京都新聞web版「友禅染に利用「青花紙」担い手育成 滋賀、原料栽培も」2018/4/2  引用)

滋賀県草津市では、最盛期の大正時代に約500軒がアオバナを生産し、市の花にも指定されているが、和装業界の低迷や化学染料の普及もあり生産者が激減。現在はわずか3軒となり、高齢化も進んでいる。
そこで、後継者育成のため、「草津あおばな会」と草津市は5月から講座を開く予定。
アオバナの栽培法を学ぶコースと青花紙の加工までを学ぶコースがあり、夏には中川正雄さん(87)の畑で花を摘む。指導役にもなる中川さんは「経験してきたことを伝えたい」と意気込む。一方で「買い手がないと続けたくても続かないのが現実」と言い、市も「青花紙の他の需要を考えていく必要がある」と将来を見据える。

事前説明会は4日と15日午後1時半から草津宿街道交流館(草津3丁目)で。
問い合わせは同館077(567)0030。

 

友禅は分業制で成り立っておりますが、青花紙の生産は、友禅の業界内でも知る者が非常に少ない職種の一つです。

着物を広げた際、目に見えないところにも、多くの職人の技術が光っています。
それをお客様にお伝えするのも二十八の役割の一つだと考えております。
また、後継者育成は、和装業界全体の共通課題です。

今後も、職人育成や着物普及のため、ブログで様々な記事をご紹介していければと思います。

 

最後までお読み頂き、有難うございました!

着物のお悩み解決!

あなたの疑問にプロがお答えします。お手持ち着物のコーディネート、TPO相談など。

この記事を書いた人
小川 聖令奈
小川 聖令奈

京ごふく二十八スタッフ。大学時代に留学し、日本文化を見直したことをきっかけに職人を志す。、西陣織の綴れ織職人となった。2年の修行を経て独立。ガイアの夜明けなどにも出演経験あり。二十八でご注文頂いた綴れ織は織らせて頂きます。

同じカテゴリの記事

人気の記事

訪問着、付け下げをお探しの方、
まずはご相談ください。

二十八(ふたや)

075-600-0125
受付時間:10:00~20:00 無休
原巨樹(はらなおき)

皆様に安心してご相談頂けるよう、常に全力です!
京都でベンチャーの高級呉服店を経営。1980年生まれ、元海上自衛官。

Photo by HAL HOSHINO