京ごふく二十八

夏物に更衣(ころもがえ)

京都は祇園祭が始まりました。時を同じくして、7月1日から着物の暦では盛夏となりました。

お手持ちの一番涼しげに見える着物や帯を是非ご活用ください。絽、紗、羅、麻など、夏物は素材感が一番楽しめる着物です。また袷から単衣、夏物と移行する期間は、帯や小物の取り合わせなど、非常に分かり難いもので皆さん悩まれるところです。またお分かりにならない時はご質問頂ければと存じますが、7〜8月は迷いなく夏の一番涼しげな装いを楽しまれてくださいませ。

一つ申し上げておくとすれば、帯締めは夏物でなくても構いません。色のコーディネートと格だけ気をつければOKです。ただし帯揚げだけは夏物をご使用になる必要がありますのでご注意ください。