single.php

お知らせNews

なぜ、デパートや専門呉服店の売り場でお客様は悩むのか。

つい最近、久しぶりにとあるデパートの呉服売り場をのぞきました。きっかけとなったのは、お客様に、

「呉服店さんやデパートを回っても、なかなかピンと来る商品がなかったんです。」

と言われた一言。

もちろん私だって大の着物好きですから、本当は色んなお店を回ってみたいなと思うものの、東京では常に着物を着ていますし(時には風呂敷も携行)、やはり着物を見る時の目つきや雰囲気が、一般男性のそれとはどうしても違ってしまうので気軽にお邪魔するとはいきません。そんなわけでちょっとドキドキしつつ、あるデパートに向かったのでした。わずか10分ぐらいの滞在でしたが、確かにこの商品構成、値札を見ながら、一般の着物ユーザーが良い品物を見抜くのは至難の業だろうなと思いました。

 

私が良いなと思う染めは、、、

私が売り場を拝見して良いなと思う染めの商品は2点でした。

お店全体では何千点と商品があったと思います。その中でも見やすく展示されていたのは数十点でしょうか。200〜300万円の値札がついた品物が多数並んでいるような豪華な売り場です。

良いなと思った品物は、

・糊糸目、訪問着、草花柄で280万円

・糊糸目、夏の付下げ訪問着、59万円

でした。その他ももちろん悪いというわけではなく、良い品物だとは思うのですが、見ているこちらの心にグッと迫って来るようなものではありませんでした。280万円の訪問着の横に、同じく260万円の訪問着が掛かっていましたが、こちらはゴム糸目で染められており、草花の色もどこか浅い感じがして、地色も何となく冷めた雰囲気です。

同じように色留袖も200万円代後半ぐらいの品物が並んでいましたが、訪問着に比べると柄のボリュームが6〜7割しかないのに、価格差があまりなくて、私が販売員だったら根拠の説明が難しいなと思います。

それに対して59万円の夏の付け下げ訪問着はとても良い品物でした。確かに訪問着に比べれば柄は軽いと思いますが、今時のご着用シーンは十分にカバーできますし、私も知っている職人さんが染めたものということが分かるので、その良質さは間違いないです。

色柄、製造方法、好み、金額が様々な商品を見ていると、だんだん訳が分からなくなって来ますね。これが10分ほど滞在しての、最終的な感想かも知れません。

 

商品を見て、誰が染めたかは推察できる。

商品を見て、どこの悉皆屋さんの仕事なのか、さらにはどの職人さんの仕事なのかも推察することは可能です。とは言っても、私もその点についてそんなに詳しい訳ではなく、自分の知っている範囲のみで判断ができるといった感じです。長年の悉皆屋さんはもっと細かくよくご存知の方がたくさんいます(呉服屋にはそんなすごい人はほとんどいないでしょうけれども)。

とは言え、自分が良いと思う悉皆屋さんのことは概ね知っているので、その意味では必要十分かとも思っています。

ただ、この「好み」、言い換えれば「審美眼」とでもいうべきものを、一般のユーザーさんが学ぶ機会がほぼ無いと思うのですが、学ぶ良い機会があれば良いなと思います。どこかの着物に詳しい人が、「〇〇先生の友禅は素晴らしい!!」と耳にされていると、結構その刷り込みの強さは強烈なものがあって、実際その思い込みから抜け出すのは大変なことです。

 

友禅染めの審美眼を身につけるために

友禅の良い物を知るために、唯一、最も有効で簡単な手段はインターネットの検索で

「糊糸目」

と入力して画像検索をすることです。

糊糸目と検索して出て来る写真には、安っぽい雰囲気はほぼ見受けられません。概ね上質な友禅染めがご覧になれるでしょう。こうした写真で目を慣らすことが、より良い友禅が見抜ける第一ステップになると思います。

 

まとめ

クオリティによらずに高価格の値札と共に様々な商品が並んでいる売り場では、一般ユーザーが良い商品を見抜いて、ご自分に相応しい品物を購入するということはなかなか骨の折れることだろうなと思いました。

では、どうすれば良いお買い物に繋がるかと言えば、

良い販売員さんに、「糊糸目の手描き友禅を見せてください」とお伝えすることです。

良い販売員とは、着物のことなら概ね何でも知っていると共に、感じの良い人です。

「感じが良い」というのは漠然としていますし、感じる人にもよると思いますが、ご自分にとって感じの良い人ということで大丈夫です。感じの良い人から買うと良い運気まで買わせて頂いているような気になります。私も自分の買い物ではいつも良い人から買うことを大事にしています。私がお邪魔したデパートの販売員さんは感じの良い方でした。

審美眼なんて大げさなことも書きましたが、着物の良し悪しといっても単なる私の好みですのであまり囚われないで頂けたら幸いです。

着物のお悩み解決!

あなたの疑問にプロがお答えします。お手持ち着物のコーディネート、TPO相談など。

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

職人の後継者育成を目指し、2014年に京都で二十八を創業。京職人とのネットワーク、お客様とのコミュニケーションを通じて、世界でただ一つの着物をプロデュースできることが強み。 日々、呉服業界のグランドデザインを変えて行くために、京都、東京を中心に仕事をしています。

同じカテゴリの記事

人気の記事

訪問着、付け下げをお探しの方、
まずはご相談ください。

二十八(ふたや)

075-600-0125
受付時間:10:00~20:00 無休
原巨樹(はらなおき)

皆様に安心してご相談頂けるよう、常に全力です!
京都でベンチャーの高級呉服店を経営。1980年生まれ、元海上自衛官。

Photo by HAL HOSHINO