オーダーメイドの流れFlow

page.php

ご注文からお納めまでの流れをご案内します。

あなただけのために京友禅を染め上げる京ごふく二十八なので、ワクワクして頂けるお買い物になりますよう、あなたのご希望に寄り添ってお話を進めさせて頂きます。ご検討されている段階でしたら、ご相談だけでも構いませんので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。

 

1.コンタクト

着物を着てみたいなと思われたら、まずはお問い合わせフォームやお電話からお気軽にご連絡ください。着用シーンからのご相談でも大丈夫ですし、ご希望のお着物について雑誌などからお教え頂いても大丈夫です。

ご着用シーンからご想像ください。

 

2.ヒアリング


お客様のご希望、お好みに合わせて、プロフェッショナルの知識と経験に基づき様々なご提案を致します。お客様からも、「豪華な刺繍を入れてほしい」、「持っている袋帯にコーディネートして着物を染めてほしい」などリクエスト頂けましたら幸いです。併せてご予算もご遠慮なく仰ってください。この段階でご一緒してお決め頂くことは下記の3点です。
1.商品の種類(訪問着や付け下げなど)
2.柄:デザイン
3.地色:ベースカラー
よくご質問いただきますが、お客様がご注文に際して、明確なイメージをお持ちになれなくても大丈夫です。イメージの大枠をお伝え頂き、あとは楽しみにお待ちくださるのが一番です。商品を作るのは熟練の職人達で、それぞれが作業工程で誠実に検討を重ねながら進めてまいります。

 

3.下 絵

ヒアリングで方向性が決まったら、職人が下絵のあたり(ラフスケッチ)を描きます。お客様のご希望に沿ったデザインが初めて世に生まれますので、そこで再度お客様にご確認頂きます。この段階では修正が可能なので、柄のボリューム、花の雰囲気、全体のバランスなども調整できます。下絵のあたりについて、お客様にご了解を頂けたら下絵の本番を描いて行きます。

4.最初のご入金

下絵が完成して、実際の生地を染め始める時点で、最初のご入金をお願い致します。お見積もり金額の40%を目安としております。

 

5.染めの状況をご報告

職人の作業によって進んでいる工程をFacebookメッセンジャーやLINE、メールなどでご報告致します。

 

6.染め上がり

お客様に染め上がった段階でご確認頂きます。ご希望通りの染め上がりとご納得頂けましたらお仕立てに進みます。
万が一、この時点でどうしてもお気に召さないという場合は、再度染め直し致します。

 

7.納 品

仕立て上がったお品物をお納め致します。京ごふく二十八が直接お届け致しますし、ご希望によって宅配も承ります。納品後2週間以内にお振込にて残金のお支払いをお願い致します。

納品までの期間は、下絵の本番に入ってから納品まで概ね3〜6ヶ月をお願いしております。ご着用日がお決まりの場合はお申し付けください。

弊社でお納めさせて頂いたお着物の寸法は、お納めから半年以内を目安に、無料にてご寸法直しを承ります。とりわけ、男性のお客様は着付けによるサイズ調整が難しく、着付けや丈もお好みによりますので、フィードバックが必要です。お客様に、ご着用後も長く満足して頂けますよう、京ごふく二十八ではきちんとした対応を心がけております。ご遠慮なくお申し付けくださいませ。

 

 

ご注文される前に

訪問着や付け下げをご用意される時の基礎知識について書いた記事です。お洋服ご購入とは様々な違いがありますので、ご参考になれば幸いです。

記事:訪問着、付け下げが初めての方へ

初心者でもこれだけは押さえておきたい!!【訪問着、値段の相場】

決定版!!【訪問着と付け下げの違い】呉服屋も知らない究極の答え

きもの部に入部!

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!

お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ