代表メッセージMessage

page.php

25歳のころ、私は知識もないのに着物を買いはじめて、数多くの失敗をしました。

それでも着物の道を歩みつづけたのは、着物に積みかさなる『時』に魅せられたからです。

日本という『時』、職人が生きる『時』、一枚の布が染め上がるまでの『時』。

『時』を経糸として、『わたし』という緯糸を織り重ねるお手伝いをするために京ごふく二十八は生まれました。

皆さまとご一緒して、着物文化という『布』をつないでいくことが、私の人生そのものです。

 

京ごふく二十八(ふたや)

原巨樹(はらなおき)

きもの部LINE

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!



お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ

最高の訪問着が手に入る
8日間プログラムを限定公開。
LINE
close-image