職人のことartisan

page.php

最高の職人にたのむ

最高の着物をつくるには「どの職人に染めてもらうのか」がもっとも大切なことです。

京ごふく二十八ではすべての工程を、どの職人、どの工房に頼むか、ひとつずつ決めながら染めをすすめています。

・下絵:吉川伸二

・糊糸目(のりいとめ):山田正三、高鳥修郎

・引き染め:奥村染工

・金彩:道家康伸

職人技の冴えは、京ごふく二十八の着物でご確認ください。

 

「時」が染めかさなる。

京友禅の制作工程は15~20もあり、それぞれに専門の職人がいます。

職人達はただひとつの工程に40年、50年という「時」をかけて生きているのです。

その「時」を足しあわせれば、ひとつの着物には職人の「時」が500年、1000年と積みかさなるということ。

京友禅ほど深い味わいの染めは、世界的にも稀で、かたわらに置けばきっと“わたし”の人生を豊かにしてくれます。

きもの部LINE

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!



お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ

最高の訪問着が手に入る
8日間プログラムを限定公開。
LINE
close-image