single.php

お知らせNews

第67回京友禅競技大会

 

第67回京友禅競技大会が開催されます。

手描き京友禅で作られた作品がみやこメッセに揃います。これは売れる商品というよりも、職人さんたちがお互いに「アッと言わせてやろう!」というモチベーションなので一風変わった作品が並びます。しかしながら、もし値札をつけるとすれば100万、200万円という金額が付くぐらいには、手間がかかっていますのでお好きな方は是非。

京友禅協同組合連合会の主催です。

京友禅協同組合連合会は京友禅を代表する組合なので、作品を出す職人さんも一流ばかりです。

個人的には花街のきものが見たいですね〜!

 

着物のお悩み解決!

あなたの疑問にプロがお答えします。お手持ち着物のコーディネート、TPO相談など。

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

職人の後継者育成を目指し、2014年に京都で二十八を創業。京職人とのネットワーク、お客様とのコミュニケーションを通じて、世界でただ一つの着物をプロデュースできることが強み。 日々、呉服業界のグランドデザインを変えて行くために、京都、東京を中心に仕事をしています。

同じカテゴリの記事

人気の記事

訪問着、付け下げをお探しの方、
まずはご相談ください。

二十八(ふたや)

075-600-0125
受付時間:10:00~20:00 無休
原巨樹(はらなおき)

皆様に安心してご相談頂けるよう、常に全力です!
京都でベンチャーの高級呉服店を経営。1980年生まれ、元海上自衛官。

Photo by HAL HOSHINO