二十八

問題提起 : 訪問着と付け下げ

訪問着と付け下げについて、今回は皆様に問題提起をしたいと思います。

 

つまり、皆さんは訪問着と付け下げの違いをどのように理解してらっしゃるかをお伺いしたいのです。なかなか公に議論される事は少ないですが、女性の皆様の多くが何度も疑問を持った事がおありと拝察します。ですからもし訪問着はこういうもの、付け下げはこういうもの、という定義をご存知でしたらコメント欄に書き込んで頂いても構いません。

 

これは非常に難しい問題でもあります。実際、私がこれまで多くの業界人と接して来て、ちゃんと理解している人、若しくは突き詰めて考えている人は決して多くありませんでした。私が申します”突き詰めて考えた”という事は製造、流通過程を含めた訪問着、付け下げとは何ぞや、という答えをつかんでいるという事です。

ですから、今回のブログは呉服業界に対して少し挑戦的な内容なのですが、私自身が非常に強く疑問を持ち続け、質問を重ね、結論ににじり寄って来た課題と現段階での結論ですので、是非皆さんにもお伝えしたいのです。その答えを、今回から数回に渡るであろう記事で皆さんにもご理解頂き、世の呉服屋さんに問うて下さったらとても興味深いご感想を持たれる事と思います。

 

何しろ訪問着と付け下げでは2〜3倍は価格差があります。この差がどこにあるのか呉服屋に説明を求めても、もし十分な答えが得られないとすれば、お客様のお立場からしても納得いかない部分もあるのではないでしょうか。よく耳にする

「やっぱり良い品物は高いですから。」

という答えで納得できる御方もいらっしゃるでしょうが、私は納得できかねます。「どこがどう良くて、価格が高くなっているのか」説明を求めます。そんな私なので、自分が消費者として呉服屋で買い物をしていた時に、どう尋ねても、色んな呉服屋に質問を重ねても答えが得られない事ばかりだったため、自らが呉服屋を目指したという経緯もあるのです。

 

前置きはこのぐらいにして、まず一般的に言われている訪問着と付け下げの違いについて思いつくままに挙げてみます。(着物についてまだ初心者という方々のために、わずかながら補足しますと、付下げと訪問着は格で言うと準フォーマル、盛装などと呼ばれる部類の着物です。言葉だけの説明は難しいですが、着物を作る時に、反物のどこが袖でどこが身頃かなどを決めてから染めています。ですから着た時に柄の天地がきちんとなっています。)

 

●付下げ

・訪問着よりもカジュアル。

・柄付けが飛び飛びで、柄が縫い目をまたがらない。

・反物で売っている。

・八掛がないので、別の生地で八掛を染める必要がある。ただし共八掛といって、同じ生地に柄も染められて一緒に売られている商品もある。

・制作途中、反物にハサミが入ることはない。

・柄は様々でカジュアルな商品もあれば、仕立て上がると訪問着のようになる商品もある。

・反物状態なので、どこが身頃でどこが袖なのか分かりにくい。

・専門呉服店での価格は、仕立上がりで40〜50万円がボリュームゾーン。

・上前の柄が反物幅いっぱいに描かれている。

 

 

●訪問着

・付下げよりもフォーマル。

・柄が豪華で、縫い目をまたがって柄付けされている。

・胸の柄と衿の柄、身頃と袖の柄なども繋がっている。

・着物の形(仮絵羽)で売られている。

・八掛が表地と同じ生地で染められてあり、仮絵羽に縫い付けられている。

・八掛に柄がある。

・帯で隠れるような部分まで柄がある。

・製作される際に一度下絵羽(着物の形に仮縫い)され、下絵の位置や合口(縫い目の柄)を調整してから反物の形状に縫い直して染めている。そのためその分だけ染める価格は高くなる。

・着物の形で販売されているので、羽織っただけで柄が似合うかどうか分かりやすい。

・専門呉服店での価格は、仕立上がりで80〜150万円がボリュームゾーン。

・柄付けはフォーマルっぽいものが多いが、簡単な柄付けの商品や、モダンでドレッシーなカジュアル寄りの訪問着もある。

・たまに八掛のついていない商品もある。

・上前の柄は反物の端から一寸手前ぐらいまで。これは絵羽にして販売されている状態だと縫いこみ部分に柄が必要ないため。もちろん実際仕立て上がっても中に隠れる部分の柄がない状態。またメリットの一つは付下げのように反物幅いっぱいに柄が描いてあると、地色によっては縫いこみ部分の柄が表地にうつる場合もあるが、訪問着の柄付けの場合はその心配が軽減される。

 

 

色々と付下げ、訪問着について書いてみましたが、如何でしょうか。概ねこんなところがそれぞれを区別するために皆さんがお考えの条件だと思います。それぞれ読んで頂くと、確かにそんなところかもね、と言って頂けるような条件のはずです。

 

 

では、呉服屋でのこんなシチュエーションを覗いてみましょう。

 

 

お客様「あの〜、初めてお伺いするんですけど、訪問着が必要なのでちょっと見せてもらって良いですか?

呉服屋「有難うございます!もちろんです。訪問着はこちらにたくさん御座います。」

→ 絵羽の(仮縫いで着物の形になった)訪問着がたくさん並んでいるところへ案内される。

呉服屋「ただいま新しい商品がたくさん揃っていますので是非色々と広げてご覧ください!またお気に入りの訪問着を羽織って頂けましたら、柄の雰囲気などもよくお分かり頂けると思います。」

→ いくつか訪問着を羽織ってみる。

お客様「有り難うございました。実際羽織ってみると私には柄も大き過ぎるようですし、柄行が好みではないんですよね。あと申し上げにくいんですけれど、ちょっと予算オーバーなんです。」

呉服屋「左様でしたか!それは誠に申し訳御座いません。では付下げで探して参りますので、もう少しだけお時間を頂いても宜しいでしょうか」

お客様「時間は大丈夫なんですけど、今回探しているのは訪問着なんです。」

呉服屋「有難うございます。はい、承知しております。実は付下げと申しましても仕立て上がると訪問着と変わらない柄付けの品物もあるんです。ただいまお持ち致します!」

→販売員が訪問着のような柄の付下げを広げる。

お客様「あら、本当!訪問着にも負けない豪華な柄ですね!でもこれは付下げなんですよね?」

呉服屋「はい、確かに付下げなんですが、これだけ豪華な柄付けがされているので訪問着としてお召しになって大丈夫なんです!いわゆる付下げ訪問着という商品で御座います。」

お客様「付下げ訪問着???。そうなんですか?じゃあ訪問着と全く同じに考えて良いんですか?」

呉服屋「え〜、そうですね〜。ただ、こちらの付下げには八掛がないので、別の生地で染めた八掛を合わせて仕立てなければならないのです。そのぐらいの違いでしょうか。。。」

お客様「なるほど!あら、でもこちらの共八掛(ともはっかけ)って書いている豪華な付下げ訪問着の場合は、訪問着と何か違いがあるのかしら」

呉服屋「あ〜、そうですね、、、、確かにこちらの八掛は、表地と同じ生地に柄を染めているので訪問着と全く変わらないですね。。。ただ、反物で売っているので付け下げなんです。」

 

大体このぐらいになってくると呉服屋が話を上手に逸らすか、お客様も呉服屋がよく説明できない事をあまり尋ねたら悪いかなとご遠慮される場合が多いですが、せっかくなのであえて突っ込んで尋ねてみましょう。

 

お客様「でも柄はそんなに変わらないのに訪問着が100万円で、こちらは50万円じゃない。どうしてそんなに価格が異なるの??だいたい仕立て上がってどっちが付下げで、どっちが訪問着だなんて普通の人にわかる??」

 

以下、呉服屋の解答パターンです。

 

呉服屋「こうして着物の形になっているのでその分の仕立て代などが高くなるんです。」

   「下絵を描く段階で一度下絵羽といって着物の形に仮縫いをして柄の調整などをしているから高いんです」

   「こうした訪問着は良い染屋さんが作っていますから!」

   「金の加工が多いでしょう。刺繍も若干多いですからこちらは訪問着です。」

   「訪問着は染の加工もちょっと凝っているでしょう!」

 

せいぜいこのぐらいが呉服屋の段階で答えられる内容だと思います。しかしながらこのぐらいの答えでは、現在染屋として仕事をする私から考えてもそれほどの価格差には絶対になり得ませんし、訪問着と付下げの区別方法としてはすっきりしません。

 

 

この辺りまでを振り返って、皆さんのご感想は如何でしょうか。

「実は付下げと言っても仕立て上がると訪問着と変わらない柄付けの品物もあるんです。」

「はい、確かに付下げなんですが、これだけ豪華な柄付けがされているので訪問着としてお召しになって大丈夫なんです!いわゆる付下げ訪問着という商品で御座います。」

なんていう販売員の言葉は、呉服屋で訪問着や付下げをお探しになったことのある女性であれば、きっと耳にされた事もあると思います。私も販売員として勤めていた頃、そんなお話を何度も何度もお客様に申し上げて参りました。ただ反物で売っているか着物の形をして売っているかだけの違い、制作がちょっと凝っているだけの違いで、価格が大きく異りますし、仕立て上がればその区別たるや極めて難しいものです。

これは私自身、お客様に何度も付下げと訪問着の違いをご説明申し上げながら、自分の中でも全く消化しきれない問題だったのです。

お客様から「訪問着を探しているんですけれど。」と言って頂いたら、私もまず上記のエピソードの販売員のように何の迷いもなくまず絵羽の訪問着が並んでいる場所で商品を披露していました。しかし問題を解決するため何度も産地や職人さんを訪ねる旅を繰り返す中で、呉服屋として3年めぐらいにようやくその答えにたどり着きます。

 

今回、長くなりましたが、次回に繋がる問題提起でした。次回は私が3年かかって辿り着いた答えについて書きますので、どうかお楽しみに!

 

 

 

Comments (2)
  1. 野田ゆり より:

    私も母も全体に大きな柄があるものがすきではなかったので、あえて刺繍や箔など凝った造作の付け下げに縫い紋をいれて、訪問着として使ってきました。ですから、金額の差でいうなれば、プリントの訪問着と比べると、こちらのはうが高くなる場合もありますし、好みの柄の訪問着を仕立てたら付け下げに用いられるような柄行きだった。と捉えています。

    1. futaya28 より:

      野田ゆり様

      有り難うございます。仰る通り、プリントの訪問着に比べると凝った付け下げの方が圧倒的にお値段は高くなると思います。またある程度の柄の量があれば、あとは袋帯次第で訪問着のような格でお使いになれますし、軽めの帯を締めれば付け下げとしてもお使いになれて一番ご利用になる機会が多いお着物ではないかと考えます。

      何れにしてもお母様とお好みをお話されながら、お召しになる時の思い出も重ねられたお着物は素晴らしい宝物です。引き続きお大事にお召しになられることと拝察します。また野田様は着物にお詳しくてらっしゃると思いますので、周囲でお困りのご友人がいらしたら積極的にアドバイスされると、きっと皆様お喜びになられることでしょう。

      いつか野田様のお着物を拝見できる機会も楽しみに致しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。