single.php

しきたりColumn

意外と知らない?!着物コートで重要な【衿の形】をおさらい

コートを着用する意味

皆さん、コートは何枚ぐらいお手持ちでしょうか。私もいつも着物や帯のことをお話しすることが多いのですが、コートのご準備も実はとても大切です。今回は衿の形に着目しながらご説明したいと思います。

コートなしの帯付き姿で出歩くのは気が引ける?!

一昔前は夏でもコートを羽織った

最近はあまり語られませんが、昔、着物をよく着ていた方々はコートを着ずに出歩く「帯付き姿」は気が引けると口を揃えます。
『帯つきで外を出歩くのは、何だか気恥ずかしい』
『着物や帯が汚れないか心配』
コートですから冬場だけのお話と思われるかも知れませんが、年配の方だと夏でもきちんとコートを着て外を歩いていました。もちろん生地は絽や紗、レースなど、透け感があって涼しげに見えるコートです。

今の時代は帯付きも上手に活用

ただ、時代も少し変わってきていますから、もし季節に合わせたお手持ちのコートが無かったり、移動は車や電車ばかりでほとんど外を歩かないといった場合は帯付き姿でお出かけになるケースもあるでしょう。もし大判のショールがあれば、肩に羽織ってお太鼓を隠せるようにすると良いと思います。
それでも冬場に帯付きはやはり寒いかと思いますので、既製品のコートをアマゾンでも楽天でも良いので、早めに何かご用意される方が良いかなと思います。
寒い時期を過ぎて、春先の暖かい日になればカジュアルな装いをコートなしで軽やかに楽しむのも一興です。夏場はコートなしで構いません。昔ながらのしきたりを守りたいという方は夏のコートもトライしてみてください。ただ、呉服屋や着物好きの人が他者にまで「夏でもコートぐらい着なさい」と押し付けるようなしきたりではありません。

女性は帯つきがフォーマル

帯付きとは「女性がコート・羽織を着ずに、帯を見せながら歩いている様子」。男性でいう着流し姿と同じなのですが、着流しがカジュアルなのに対し、女性はこの帯つきがフォーマルな姿です。ただ、女性の場合は目的地に到着するまではコートなどを羽織り、目的の場所に到着したらそれを脱いで帯つきのフォーマルな装いになるという段取りです。

コートの「格」を分けるのは色・柄・素材・衿の形

着物のコートは基本的に色・柄・素材・衿の形で格が変化します。ただ、コートそのものは移動中のみに着るものであって、訪問先に入る前には脱いでしまうので、着物や帯よりはTPOに対してそこまでシビアにならなくても大丈夫な傾向です。

コートの色

色を一概に言い切るのは難しいですが、喪の時にはやはり黒です。その他、夏冬問わず、黒は何にでも着られる色かと思います。ただ、春先や初夏に着る単衣のコートに、真っ黒な色では少し重い感じがするかも知れません。逆に夏場に透けている紗の生地で黒を使うと透け感が増して涼やかに見えます。また冬場のビロード地に、黒を選ぶのは昔から人気がありますし、普段使いから冠婚葬祭まで大丈夫なので1枚は持っておいても良いと思います。
一番上に羽織って汚れることもあるものなので、少し濃い目の色なども重宝すると思います。また少し地味めがコートにはふさわしいようです。

コートの柄

無地染めや絵羽(えば:縫い目で柄が繋がっている)はフォーマル向きに使いやすいコートとなります。

紬の縞(しま)や絣(かすり)柄、小紋でもカジュアルな雰囲気だと、やはりカジュアル寄りの用途になってきます。江戸小紋など、細かい柄であればもう少し幅広い使い勝手ができますね。

コートの素材

紬や柄が目立つような小紋はカジュアルな装いになります。駒無地は幅広く使えますし、縮緬やビロード地も冬用としてフォーマルからカジュアルまで大丈夫です。あとはどのような柄が染められているかで変わってきます。

衿の形でコートの格が変わる

着物と帯は基本的に定型なので、色・柄・素材だけで格が変化します。
それに対してコートだけは衿の形、つまり仕立て方によって格が変化するのが面白いところです。

着物コートの衿 1.「道行衿」:フォーマル〜カジュアル

衿の形で最もスタンダードなのが、「道行衿(みちゆきえり)」です。よくある四角く、額縁のようになった衿です。

この衿の形のコートを「道行コート」、コートを省略して「道行」とも言います。フォーマルなコートだとほとんどの場合、この道行衿が使われています。ただ紬のようにカジュアルな生地を使って道行衿で作ることもできるのですが、その場合はカジュアル使いになります。とりあえず一枚は持っておいても良いなと思う衿の形です。

着物コートの衿 2.「都衿」:フォーマルからカジュアル

「都衿(みやこえり)」というのもありまして、こちらは道行衿の角を少し丸くしたような形のものです。パッと見は道行衿と大差のないものが多いのですが、印象が少し柔らかくなります。
都衿の派生形が結構たくさんあるので、それらも含めて全てフォーマルで大丈夫かと言われると、私はちょっとそのように言い切れないなと思う次第です。

着物コートの衿 3.「千代田衿」:準フォーマルからカジュアル

「千代田衿(ちよだえり)」です。洋服のコートを元に、着物の衿とミックスされて生まれたのがこの千代田衿です。道行衿に比べると若干カジュアルな雰囲気が出るかと思います。

着物コートの衿 4.「へちま衿」:準フォーマルからカジュアル

千代田衿と同じようなバージョンで、「へちま衿」というのもあります。こちらも洋服のコートにインスパイアされて生まれたという話です。

着物コートの衿 5.「被布衿」:準フォーマルからカジュアル

被布衿(ひふえり)といって、一番よく使われているのは七五三の3歳女児が着用する被布に使われている衿の形です。飾り紐も付けます。大人がこの被布衿コートを着用しても大丈夫です。お好みによるところでしょう。江戸時代中期から出始め、お座敷用の防寒具だった「被布」に使われていたのが被布衿です。当時は男女問わず使われていたようですし、医者や学者など職業にもよるようです。当時は女性が外出時に羽織を着ることが禁止されていたので、被布を着用していた名残で今は女児・女性のものとなっているように思います。年配男性がこなれた感じで被布衿のコートを着ていても格好良いでしょう。

着物コートの衿 5.「着物衿」:カジュアル

もっともカジュアルなのが「着物衿」です。コート丈も少し短めにして、普段使いに使われる方も多いかと思います。結んだ紐が見えているところなど、やはりカジュアルな感じがあると思います。この仕立てにする場合、生地はお召しや紬など

素材感もカジュアルな方が望ましいと思います。

着物コートの衿 6.「道中着」:準フォーマルからカジュアル

最後にこちら、「道中着(どうちゅうぎ)」です。なぜか道中衿ではなく、道中着としていますが、慣用的に道中“衿”とは言わないもので、道中着と書きました。私は正直、こちらの道中着はまだ定義しきれないなと感じています。広義と狭義の道中着があり、狭義の道中着も人によって意味合いが異なっている感じがします。

広義の道中着

道中で着る、つまりどこか目的地に向かう道程で着るコートという」意味での道中着です。呉服屋でもこの意味合いで使っている人もいます。その場合、着物衿のコートも含めていますが、道行コートは含まれないようです。

狭義の道中着

狭義の道中着は、衿が裾まであるコートということになると思います。着る際には紐で結ぶので、右脇付近には結んだ紐が見受けられます。道中着はカジュアルな用途とする人が大勢を占めるでしょうが、素材を選べば、色無地・付け下げ・軽い訪問着ぐらいには合わせて構わないかなと私は思います。なんとなくの雰囲気なので、この辺り断言は難しいところです。紐の作り方などでも雰囲気は変わってくる気がします。
近年、人気があるのが、こちらの道中着です。着やすさなどの点で人気が出ているのだと思います。

まとめ

コートは、衿の形によって、できる仕立て方が和裁士さんそれぞれです。腕の良い和裁士さんであっても、コートにしっかり取り組んでいないとできる衿のバリエーションは少ないのです。珍しい衿を使いたい場合はコートが得意な和裁職人さんに頼むと良いですね。
よくある話ですが、コート丈についてはフォーマルかカジュアルかということには基本的には関係ないです。流行と好みです。ただ、昔のウールや木綿の着物に合わせるようなシチュエーションでのコート丈はやっぱり短い方が良いですね。近年、羽織などでふくらはぎよりも下まである丈が流行とはなっていますが、私はそこまで長いものは必要ないと思います。膝より少し下ぐらいまでの丈が一番バランスも良くて上品だと思います。防寒に作られるのであれば、裾まである総丈のコートで仕立てるのがお薦めです。
コートは色・柄・素材の他に、衿の形で格が変化するということを覚えておけば安心です。訪問着や付け下げを着用する方で、初めてのコートを作ろうと思うならば、とりあえず道行衿で良いかと思います。カジュアルシーンでの着用が多い方であれば道中着を作るのがお薦めです。

きもの部に入部!

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

京ごふく二十八代表。職人の後継者を作るべく京都で悉皆呉服店として起業する。最高の職人たちとオーダーメイドの着物を作っている。

あわせて読みたい記事

人気の記事

お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ