single.php

お知らせNews

初心者が必ず悩む【付け下げ訪問着】とは!?京ごふくのプロが解説!

付け下げ訪問着という言葉、着物好きの皆さんや、訪問着を初めて購入しようとしている方なら一度は耳にされたことがあるかも知れません。呉服店で「訪問着はありますか?」、「付け下げを見せてください」と言う方はいても、「付け下げ訪問着の購入を検討しているんです」と言う方はおられません。呉服店で訪問着や付け下げを購入しようと検討したことがある方ならばご存知の言葉かもしれませんし、この言葉を知っているだけでも中級者と言えるでしょう。ただ、

「付け下げ訪問着というのはどんな着物なんですか?」

と尋ねられた場合に、きちんとしたお答えができる一般の方は少ないと思います。また呉服店の販売員ならば、自分が認識している付け下げ訪問着の定義を伝えることはできると思うのですが、その定義が果たして正しいのかどうか。その定義ゆえに、購入したお客様がかえって混乱してしまうということはよくあります。

そんなわけで、今回の記事では「一般の呉服店が考える付け下げ訪問着」と、「京ごふく 二十八が考える付け下げ訪問着の新解釈」の両方をお伝えしたいと思います。

 

一般の呉服店が考える付け下げ訪問着とは?

一般の呉服店が考える付け下げ訪問着とは次のような商品のことです。

[反物状態の付け下げとして販売される商品のうち、訪問着のように豪華な柄付け(デザイン)がされている着物のこと]

付け下げというのはもともと飛び柄であり、縫い目で柄が繋がらない柄付けがされていました。それに対して現在では、縫い目で柄が繋がるのはもちろんのこと、仕立て上がると訪問着と見まごうばかりの付け下げがたくさんあります。なお、この場合の訪問着とは、絵羽(えば)と呼ばれる「着物の形をして販売されている商品」のこととします。

仕立て上がると絵羽で売られている訪問着と変わらない柄付けなのに、付け下げとして反物で売られている商品ですから、その二つを合わせた言葉として便宜上、付け下げ訪問着と呼んでいると考えられます。

 

一般の呉服店による付け下げ訪問着の見分け方

付け下げ訪問着とは、先に書いた通り「仕立て上がると訪問着のようになってしまう」のにも関わらず、反物状態で販売されていた商品のことですから、仕立て上がってしまうと訪問着との見分けはつかないのですが、強いて見分けるポイントを挙げるように頼まれれば次の通りです。

・八掛が別生地

八掛(はっかけ)というのは着物の裾まわりの裏地のことです。

通常、訪問着として絵羽で売られている商品は、共八掛(ともはっかけ)などといって、表地と同じ生地、同じ色で、柄を染めるなどして一緒に販売されています。

これに対して付け下げの場合は別に八掛の生地を探すことになります。色を染めるというのは非常に難しく、その日の気温湿度の条件や、染め屋さんの染料、技法などに左右されるため、同じ色に染めるというのは至難の業です。ですから、付け下げの反物から仕立てられる着物は色が全く同じとはならず、柄もありませんし、別の生地で染められています。

しかしながら、付け下げとして豪華な柄付けで売られている反物の中には、数少ないですけれども共八掛として染められている場合もあり、この共八掛で仕立てられるとこの八掛による見分け方は通じません。

また逆も可能性としてはあって、絵羽で売られていてもごく稀に何かしらの理由で八掛は別の物を付けて仕立てられることもあるので、一概には言えないでしょう。

さらには単衣(ひとえ)仕立てという裏地がない仕立てであれば、そもそも八掛がありませんから、区別の目安になり兼ねます。

八掛:写真左側の折り返している部分

 

・着用時、帯の下になって隠れる部分などに、柄がない場合が多い。

付け下げとして売られている反物の場合、たとえ豪華な柄付けがされていたとしても、帯の下に来るような部分には柄を付けないということが傾向としては多いものと考えます。また、右肩後ろと右袖後ろの袖付け部分も柄が繋がらないケースは同じく多いものと思います。

それに対して、絵羽で売られている「豪華な」訪問着の場合は、それぞれの場所がかなりしっかりと染められていて豪華さを出しています。これは何のためかと言えば、基本的には販売される時に、衣桁(いこう)という着物を掛ける器具にディスプレイした際、華やかで美しく見えるための目的です。実際、仕立てる際に、縫込みで柄がかなり隠れてしまったり、着用すると帯の下に隠れるなどして効果的ではないケースもよく見られます。

ただ、これらの条件は傾向であって、付け下げの反物の中にも帯下に柄が染められている品物もあれば、絵羽の中でも帯下は染めらていない商品はあると言えます。

帯下にも柄がある訪問着。この立ち上げる枝ぶりのために必要だったので、帯下も染めています。

 

 

 

・縫込み部分の柄の有無

正直、これが一番確かな見分け方なのですが、仕立て上がった着物をほどいた場合に、脇縫いなどの縫い込み(縫い代)部分に柄が染まっていないものは訪問着として絵羽で販売をされていたものですし、縫い込み部分にまで柄が染められていれば付け下げの反物として販売されていたことが分かります。これはほぼ100%間違いなしで、ごくわずかな例外を考えても99%間違いなしと言えます。

絵羽(着物の形)で販売される場合は、仮縫いをされているため、縫い込まれている生地の端部分に柄がなくても問題はないのです。対して付け下げは販売される時に反物状態ですから、端まで柄が染められていなければ格好良くありません。全く同じ職人が同じような柄を染めている場合、絵羽と反物では、端っこまで染めなければいけない分、反物である付け下げの方が染める量は多くなるのに、値段は低く抑えられているのですが、ここは触れると長くなるのでそのままにしましょう。

それよりも何よりも、皆さんも違和感を持たれたかも知れませんが、着物をほどかなければ見分けがつかないというのでは、皆さんが見分ける手段として使えないような気もします。ご自分のお着物を洗い張りなどすることがあれば、仕立てる前に端まで柄が染まっているのかご確認されるのは一つご興味を持って頂けるところです。

 

【新解釈】付け下げ訪問着とは?

以上、一般論をお伝えしましたが、京ごふく 二十八が考える付け下げ訪問着の解釈は次の通りです。

 

・訪問着ほど豪華すぎず、付け下げほど軽すぎない、両者の中ぐらいの柄付けがされた着物。

付け下げ訪問着

付け下げ訪問着

 

これをご説明するには、二十八がどのような着物を訪問着、どのような着物を付け下げと考えているか、お伝えせねばなりません。詳しくは続くリンク記事に書いてありますが、

・訪問着:豪華な柄のフォーマル着物

・付け下げ:控えめな柄のフォーマル着物

・決定版!!【訪問着と付け下げの違い】呉服屋も知らない究極の答え

 

そのように考えると、付け下げ訪問着は、

=軽い柄付けの訪問着

=重い柄付けの付け下げ

とも言えます。

「柄が重い、軽い」というのは分かりにくい表現かも知れませんが、着物の世界では

・柄をたくさん染めているものを「重い」、

・柄が少ないものを「軽い」

と表現します。

重厚感のある染め

 

京ごふく 二十八による「付け下げ訪問着の見分け方」

同じことを繰り返し書いてしまうことになりますが、 二十八が考える「付け下げ訪問着の見分け方」は、

[パッと見て、訪問着よりも柄が軽く、付け下げよりも柄が重いことを判断すること]

です。ユーザー目線で考えた時に、細かい部位の話は必要なく、パッと見て柄がどうかということで定義されたら良いかと思います。反物で売られていたか、絵羽で売られていたかはそんなに重要な問題ではないようにも考えます。

 

付け下げ訪問着の格は?

二十八が考える付け下げ訪問着の格はと言えば、「訪問着と付け下げの中間ほどの格」というのが見解です。

対して、一般的な呉服店が考える付け下げ訪問着の格は、「訪問着と同じ」になるというのが、これまでの私の説明を読んでくださった方ならご理解いただけるはずです。何しろ仕立て上がったら訪問着とほぼ変わらないような柄付けの着物のことですから。しかしながら、思った以上にこの点に同意してくれる呉服関係者は少なく、付け下げの反物として売られていたために、この商品を訪問着と言い切れる呉服関係者はあまりいないのです。

八掛を見たり、極論、縫い目をほどいたりして周囲の方が判断する必要はないと思うので、パッと見、豪華な訪問着に見えるようならばそれで訪問着として良いと思うのですが、いかがでしょうか。

付け下げ訪問着(濃い紫、紐柄)

付け下げ訪問着(濃い紫、紐柄)

 

付け下げ訪問着が作られた経緯

ここまでのお話、初めての方には少し難しい面もあったと思います。なぜそうして難しいことになってしまったかを知るヒントを、付け下げ訪問着が生まれるに至った経緯から推察してみましょう。

昔は今でいうところの訪問着がまずありました。これらの訪問着、昭和30年代まではお誂(あつら)えという名のオーダーメイドが基本だったのですが、第二次世界大戦中の贅沢禁止令によって、生産が制限されるようになったそうです。

反物の訪問着(白椿)

付け下げの発明

そこで出てきたのが付け下げです。付け下げは訪問着を簡略化したもので、柄を胸や裾、袖など、各部位に上下をきちんとしながら配置してありました。オーダーメイドの訪問着はお誂え主に寸法を合わせることができましたが、付け下げの場合は反物で流通させて誰が購入するか分らなかったために、縫い目で柄が繋がらないように配慮されたと考えられます。そうした飛び柄であれば贅沢には見えなかったとも言えます。訪問着は仮縫いされてから染められましたが、付け下げは最初から販売されるまで反物で流通したことも特徴です。

当初、飛び柄だった付け下げですが、次第に多様化してきます。

付け下げ訪問着の発明

第一の変化が、上前(うわまえ)という(着た時に膝あたりに来る)部分の柄が繋がるようになりました。どんな人が着ることになっても、この上前の衽と前身頃の縫い目に関してはほぼ一定なので、この部位については柄を繋げても、購入後の仕立てで困ることはありません。

こうして、少し訪問着に近づいた商品類を「付け下げ訪問着」と呼ぶに至ったと推察されます。

実際、付け下げや付け下げ訪問着の発明について、具体的な根拠資料は決して多くないのですが、私が聞いた所によると、福田喜三郎さん(喜は七を三つ書いた字)が最初にこの付け下げ訪問着を考案したと伝え聞いています。

付け下げ訪問着のさらなる発展

そのようにして生まれた付け下げ訪問着でしたが、物資がなく、色のない世界だった戦前戦後から高度経済成長とあいまって、1980年ごろの小売市場規模1.8兆円まで、呉服の需要も飛躍的に伸びます。

そうした中ですから、商品開発も盛んに行われ、当初、付け下げ訪問着は上前だけが繋がっていたものが、次第に脇、背中、衿など、縫い目における柄の繋がりが増えて行きます。

現代の付け下げ訪問着、製造のトリック

ここまでならばまだ良かったのですが、1990年代以降において、流通における原価(職人工賃)への圧迫ははなはだしく、呉服店から問屋、メーカー、職人へと遡って原価の削減が求められて来ました。正当な原価削減ならば良いのですが、様々な慣習を利用した小賢しい手法も多く採られています。

その一つが商品ごとに、“なんとなく”職人の工賃に上限が決まっていて、訪問着ならこのぐらい高くまで請求できるけど、付け下げはここまでしか請求できないと言う風習があるのです。そうなると、付け下げのような反物状態で、訪問着のように豪華な柄付けの商品を製造すれば、訪問着ほど高い原価にはならないけれど、訪問着のような柄の商品が出来上がって来るわけです。先にも書きましたが、反物である付け下げで作ると、端っこの耳部分まで柄を染めなければいけないので、職人の手間は増えるけれど、単価は下がるとなってしまいます。

それがそのまま付け下げとして売られるならば消費者もまだ安く買えますが、これを染め上がってから絵羽に直して訪問着として販売するのは理解に苦しむところです。

付け下げ訪問着、進化後の形骸化

私はこの経緯を考える時、ガラケー、スマホ、タブレットと進化して来た過程を思い出さずにはいられません。最初のスマホ、iPhoneが発売されたのが2007年です。その後すぐにiPad(タブレット)が発売されました。ここから数年ぐらいの時点まではそんなに混乱もなかったと思いますが、スマホやタブレットの人気に火がつき始めると、それまでのパソコン需要の落ち込みとともに、猛烈な勢いで色んな種類の機種が開発されました。それらの商品の中には、紛らわしいものも多く、大きめのスマホと小さなタブレットを比べるとそんなにサイズ感の差はありません。当時、友人が使っているのをタブレットだと思っていたら、電話として話したので驚いた記憶があります。中でもニュースにまでなりましたが、女優の釈由美子さんがブログでiPhoneを買って大喜びされた様子をアップしたものの、実はそれがiPod(携帯音楽プレイヤー)だったことが発覚。電気店で購入されたとのことでしたが、確かに見た目はそっくりな上に、そのiPodからは電話までできたそうです。

このように商品が急速に拡大する需要に対応するために進化する過程では、非常に大きな試行錯誤が試されて、様々な商品が生まれては消えて行きます。

呉服業界は非常に進んだ(?)業界ですので、こうした試行錯誤、進化発展を通り過ごして衰退期ですから、いわゆる形骸化して、「なんとなく昔からこうやっています」という形がだけが残ってしまったことは否めません。京ごふく 二十八は慣習に縛られず、ユーザーの皆さん、特に初めて着物を着ようと思われる皆さんが安心して楽しめるよう、今の時代に様々なことを再定義し、流通、販売を含めクリアーにしたいと考えています。

 

付け下げ訪問着という言葉の使い方

「訪問着」と「付け下げ」というキーワードに比べると、「付け下げ訪問着」というのはマイナーな言葉です。「今度のパーティ、付け下げ訪問着で来てね」なんていう使われ方はほとんど聞かないと思います。付け下げ訪問着を指して、このような意向を伝えるとするならば、

「豪華すぎない軽めの訪問着で来てくれる?」

「付け下げだとちょっと華やかさに欠けるから、もう少し華やかな着物にしてほしいの。でも訪問着ほど豪華にしないで」

などといった言葉になると思います。間違っても、

「訪問着と変わらない豪華さだけど、販売されている時に付け下げの反物として売られていた着物を着て来てね」

というフレーズでないはずです。

結局のところ、どこでこの「付け下げ訪問着」という言葉を聞かされるかと言えば呉服店の店頭においてです。販売する時に便利な言葉なので、「これは付け下げ訪問着でございます」という言い方をするのですが、実際問題、その言葉にとらわれてしまって、困るのはユーザーの皆さんではないかなと考えます。見た目には訪問着に等しい柄付け、豪華さの着物をお持ちなのに、反物で売られていたためにこれは付け下げ訪問着なのだと思っていることで、適切なTPO選びができなくなってしまうからです。

 

付け下げ訪問着を結婚式に着ても良いか?

ここで一つ例を出しましょう。付け下げ訪問着で結婚式に参列して良いか?という質問、あなたなら何と答えますか?これは答えの前提となる付け下げ訪問着の定義を分けてお答えせねばなりません。

付け下げ訪問着で友人として結婚式に参加

A1. 一般呉服店で購入して、反物状態で販売されていたものの、仕立て上がったら訪問着と変わらない着物であれば、結婚式に着て行かれても大丈夫です。

A2. 京ごふく 二十八が考える、軽い訪問着、もしくは重い付け下げという柄付けの着物であれば、ケースバイケースになると思います。つまり、豪華な訪問着が求められる式場、お立場であれば付け下げ訪問着は軽いとなるでしょうし、そこまでフォーマルではない結婚式であれば付け下げ訪問着でも問題なくご参加頂けます。レストランウェディングや結婚式の二次会などがその好例でしょう。1.5次会というカジュアルな披露宴も昨今は、増えているようですが、こちらにも会場によっては大丈夫かと思います。それぞれコーディネートする帯で格を調整するとベストです。

付け下げ訪問着、結婚式の親族としては?

「黒留袖、色留袖を着て出席して欲しい」というリクエストがある場合を除いての解答とさせてください。

A1. 一般の呉服店でいうところの付け下げ訪問着であれば、訪問着として十分に通用しますから、ご親戚ならば染め抜きの一つ紋が入った訪問着でのご出席で大丈夫だと思います。周囲のご親戚がどのような着物を着ているかということに合わせることが大切です。

A2. 二十八がいう付け下げ訪問着であれば、一般論としては親戚の方が着ていくには軽い柄だと考えます。結婚式、披露宴とはいうものの、両家それぞれ10名ずつぐらいのお食事会のイメージでしたら付け下げ訪問着でも問題ないと思います。また人前式の上に、カジュアルな会場での披露宴で、新郎新婦のお母様も留袖を着ないで、洋服などの場合であれば付け下げ訪問着ぐらいがちょうど良いケースも考えられます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。付け下げ訪問着という言葉は、付け下げ、訪問着という着物好きには馴染み深い言葉をくっつけた言葉だけに、親しみがあるようでいてきちんと理解するのは簡単ではなかったと思います。

しかしながら、京ごふく 二十八がプロの呉服屋として様々な着用シーンで着物を見ていて思うこと。

それは付け下げ訪問着は[シンプルかつ非常に粋な着物]ということです。着物玄人が着こなす着物だとも感じます。

お茶席、歌舞伎の観賞、コンサートなどで、スキッとした帯や小物とのコーディネートをしていると一番かっこう良く見える着物が付け下げ訪問着ではないかと思います。昨今の傾向で言えば、訪問着は柄がごちゃごちゃし過ぎています。そこに来て、帯も花柄いっぱいのごちゃごちゃしたデザインが多いので、それらを合わせるとどうしても垢抜けないコーディネートになりがちです。

京都で唄や踊りの会があると、芸妓さんもよくいらしていてそのコーディネートを拝見しますが、非常に垢抜けた感じがします。とてもシンプルな着物に、ちょっとメリハリを効かせた帯、小物を合わせているからだなぁと常々感じます。職業上のプロである芸妓さんの着こなしを、同じように真似するのは難しいことですが、それを一般ユーザーにマッチしたコーディネートにすることも可能です。

皆さんにも、是非この粋な、二十八が考えるところの付け下げ訪問着を着こなしてくだされば大変嬉しいことです。

 

【付け下げ、訪問着に関連する記事】

・決定版!!【訪問着と付け下げの違い】呉服屋も知らない究極の答え

・初心者でもこれだけは押さえておきたい!!【訪問着、値段の相場】

・なぜ、デパートや専門呉服店の売り場でお客様は悩むのか。

・「着物の良し悪し」が分かるために、最も大切な大前提とは?

着物のお悩み解決!

あなたの疑問にプロがお答えします。お手持ち着物のコーディネート、TPO相談など。

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

職人の後継者育成を目指し、2014年に京都で二十八を創業。京職人とのネットワーク、お客様とのコミュニケーションを通じて、世界でただ一つの着物をプロデュースできることが強み。 日々、呉服業界のグランドデザインを変えて行くために、京都、東京を中心に仕事をしています。

同じカテゴリの記事

人気の記事

訪問着、付け下げをお探しの方、
まずはご相談ください。

二十八(ふたや)

075-600-0125
受付時間:10:00~20:00 無休
原巨樹(はらなおき)

皆様に安心してご相談頂けるよう、常に全力です!
京都でベンチャーの高級呉服店を経営。1980年生まれ、元海上自衛官。

Photo by HAL HOSHINO