single-item.php

商品紹介Kimono

セミオーダー着物:金彩にグラデーション

シンプルながら上品な1枚。

豪華な袋帯を合わせても、さり気ない名古屋帯を合わせてもコーディネートできます。紋を入れるかどうかにもよりますが、最近のパーティなどは簡略化の傾向にありますので、紋なしにしておけばカジュアルからフォーマルまで幅広くお楽しみ頂けます。

盡政の七宝柄袋帯を合わせてフォーマルの装い

 

イエローの名古屋帯を合わせてお出掛け着の装い

 

全ての流線を金彩で描いてあり、雲母(うんも:白い粉)をベースに砂子(すなご:細かい金粉)を振り、金箔と金粉のくくりを流線に沿えています。金箔のくくりは少し白っぽく光り、金粉のくくりは少し赤っぽく見えます。シンプルに見えて、4つの技法を用いているので、複雑な光り方をして奥ゆかしさが生まれます。

 

この肉厚の生地が堂々たる風格を演出します。良い地色に染めるためには、引き染め職人の技術と共に、しっかりとした生地が必要です。

 

盡政の袋帯

 

名古屋帯ですが、重厚な刺繍を施してあります。

 

セミオーダーなので、地色違いで承ります。お手持ちの帯に合う地色もセレクトできます。

¥338,000.-(税込、仕立て上り、胴裏八掛含む)

八掛は表地と同じ生地を一緒に染め上げます。

きもの部に入部!

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

京ごふく二十八代表。職人の後継者を作るべく京都で悉皆呉服店として起業する。最高の職人たちとオーダーメイドの着物を作っている。

あわせて読みたい記事

人気の記事

お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ