single-item.php

商品紹介Kimono

お召し着物/なごや帯

 

お召しのお着物に、織りのなごや帯を合わせています。どちらも西陣織の品物です。

帯のコーディネートは、着物をトリミングできているかということが一つ大切なこと。こちらのコーディネートでは着物の横段や縞、格子の幾何学柄に対して、帯の草花が自由に遊んでいる様子が対比となっていることも目に優しい理由です。

また、地色は浅黄色のお着物に対して、帯は黒地。それでいて、柄に使われている色は着物、帯とも共通しています。

 

こんなお着物のコーディネートでしたら、気軽なお食事から観劇などまで、楽しくお出掛けになれる一揃いです。

ちなみにお草履はこちらを合わせて頂きました。シャレ味のあるお草履で、赤い先坪が良いアクセントで華やかでもあります。先坪は小さいパーツですが、お出掛けの気分を上げてくれますね。

 

  • 訪問着

    ¥ 600,000 ~ ¥ 800,000

  • 付下訪問着

    ¥ 400,000 ~ ¥ 600,000

  • 付け下げ

    ¥ 350,000 ~ ¥ 450,000

  • 留袖

    ¥ 700,000 ~ ¥ 1,200,000

  • 振袖

    ¥ 800,000 ~ ¥ 1,800,000

  • 色無地

    ¥ 150,000 ~ ¥ 200,000

  • 染め帯

    ¥ 150,000 ~ ¥ 230,000

  • 袋帯

    ¥ 300,000 ~ ¥ 800,000

  • 織なごや帯

    ¥ 120,000 ~ ¥ 250,000

(すべて税込、仕立て上り)

 

きもの部に入部!

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)
原 巨樹 (はら なおき)

京ごふく二十八代表。職人の後継者を作るべく京都で悉皆呉服店として起業する。最高の職人たちとオーダーメイドの着物を作っている。

あわせて読みたい記事

人気の記事

お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ