single-item.php

商品紹介Kimono

染め帯[琳派チューリップ]

琳派のチューリップ柄で染め帯をご注文頂きました。「琳派にチューリップを描いた絵師がいたかな?」と思われた方、ご明察です。昔の絵を踏襲して描いた訳ではなく、チューリップを琳派調に描いたのです。

 

琳派とは何か

ちょっと学術的な話は無しにして、琳派ということをもし現代に引き継ぐとした場合、昔と同じ物を描くのは琳派の精神と少し違うかも知れません。もちろん模写というのはあると思いますが、先人の残した作品を踏まえて、「いま」解釈するもの。それが琳派なのかと浅学ながら思います。

「空間の活かし方」や「筆力」、「デッサン力」などは琳派の素晴らしさです。それをもって現代に新しい物を作り出すことは「いま琳派」と呼んでも良いかも知れません。

 

着物モチーフとしてのチューリップ

今回、お誂え主様のご希望でチューリップを染めることとなりまして、少し大人っぽいチューリップを描きたいと思い、琳派調にしては如何でしょうとご提案したところ、「それは良いですね!」とご快諾頂き、今回の染めに進みました。

着物のお悩み解決!

あなたの疑問にプロがお答えします。お手持ち着物のコーディネート、TPO相談など。

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)

職人の後継者育成を目指し、2014年に京都で二十八を創業。京職人とのネットワーク、お客様とのコミュニケーションを通じて、世界でただ一つの着物をプロデュースできることが強み。
日々、呉服業界のグランドデザインを変えて行くために、京都、東京を中心に仕事をしています。

同じカテゴリの記事

人気の記事

きもの部に入部!

着物に詳しくなれるココだけの知識、
セミナー&イベント情報をお届けします!

お見積り・ご相談など、お気軽にお声かえください。

電話

問い合わせ