single-item.php

商品紹介Kimono

浴衣[竺仙 コーマ地 白地 小花唐草] 半幅帯[西村織物 紗 瑠璃紺色]

夏は浴衣がご活用頂けるシーズン。着物はハードルが高くても、浴衣ならばという方々も多いはず。京ごふく 二十八でも浴衣や小千谷縮など、夏のカジュアルな着物を取り扱っております。

その中でも今回は、大人のかわいい浴衣と半幅帯のご紹介です。

 

浴衣[竺仙 コーマ地 白地 小花唐草]

 

竺仙の浴衣は、扱う呉服屋としてもやはり安心感、信頼感があります。とりわけ白地の浴衣は、しっかりとした信頼感のある生地だからこそ、清潔感のある小綺麗な感じが出るものです。

柄行きも大切なポイントで、大きな柄も良いのですが、こちらは可愛らしいお誂え主様にお似合いの雰囲気だったのでお薦めしました。

 

半幅帯[西村織物 紗 瑠璃紺色]

皆さんでしたらどのような帯合わせをされますでしょうか。

お客様と私で候補として挙げていたのは、薄いボルドー、クリーム色系など。私もそうした色目であればなと思っていたのですが、品質を含めてコーディネートさせて頂いたのは、写真の通り、博多の老舗、西村織物の紗の半幅帯です。

紗の透け感といい、品質を追求した糸の張りと光沢は、大人にふさわしい一筋かと思います。

 

色だけで見ていけば、コーディネートにぴったりの半幅帯もあったのですが、柄が浴衣の唐花と重なってしまうものが多く、もっとスッキリした品物を探していました。

こうした唐草柄の浴衣に一番ぴったり合うのはストライプの帯でしょうか。そうした中にあって、こちらはロートン織(経糸の上げ下げだけで柄を表現)らしくも、どこか沖縄の浮き織りにも似た感じの小花でストライプが表現されていました。私もこちらならばコーディネートとして洗練されているなと思ってのお薦めです。

帯によるコーディネートのトリミングもバッチリです。

 

素敵な夏の浴衣がなかなか見つからないというお言葉を最近よく耳にしますが、結局のところ、お一人の方に必要な浴衣はたいてい1枚だけ。私も今回は、こちらの浴衣だけをお薦めしましたが、お似合いになるだろうなと思ってのことです。

いわゆる「お見立て」でして、「お誂え」のためには必須のことと考えています。

 

皆さまにも、浴衣は気軽にどんどんお召し頂き、楽しい夏をお過ごし頂けたらなと思います。

 

  • 訪問着

    ¥ 600,000 ~ ¥ 800,000

  • 付下訪問着

    ¥ 400,000 ~ ¥ 600,000

  • 付け下げ

    ¥ 350,000 ~ ¥ 450,000

  • 留袖

    ¥ 700,000 ~ ¥ 1,200,000

  • 振袖

    ¥ 800,000 ~ ¥ 1,800,000

  • 色無地

    ¥ 150,000 ~ ¥ 200,000

  • 染め帯

    ¥ 150,000 ~ ¥ 230,000

  • 袋帯

    ¥ 300,000 ~ ¥ 800,000

  • 織なごや帯

    ¥ 120,000 ~ ¥ 250,000

(すべて税込、仕立て上り)

 

この記事を書いた人
原 巨樹 (はら なおき)

職人の後継者育成を目指し、2014年に京都で二十八を創業。京職人とのネットワーク、お客様とのコミュニケーションを通じて、世界でただ一つの着物をプロデュースできることが強み。
日々、呉服業界のグランドデザインを変えて行くために、京都、東京を中心に仕事をしています。

同じカテゴリの記事

人気の記事

訪問着、付け下げをお探しの方、
まずはご相談ください。

二十八(ふたや)

075-600-0125
受付時間:10:00~20:00 無休
原巨樹(はらなおき)

皆様に安心してご相談頂けるよう、常に全力です!
京都でベンチャーの高級呉服店を経営。1980年生まれ、元海上自衛官。

Photo by HAL HOSHINO